×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライナーノーツ 恋をしようよ ライナーノーツ 恋をしようよ ライナーノーツ 恋をしようよ ライナーノーツ 恋をしようよ

恋をしようよ(Love me,baby) ライナーノーツ

Metamorphosis-One
オリジナルソング
僕と恋をしよう。ネアカな男の恋の歌。深刻な顔してないでどっか遊びに行こうよ。

試聴する 歌詞を見る アカペラへの道



【リズミック・アカペラ】
 最初は、「心にワン・ショット」に続き、リズミック・アカペラではじまります。これを思いついた時はちょっと興奮しました。あまりにもテーマのメロディとベスト・マッチという気がして..。しかし、こういうときは注意しなくてはなりません。どっかで聴いた曲をパクっているかもしれないからです。完成間近でそれに気が付くともう直す気がしません。しばらく寝かせておいたのですが、特に「あ、この曲に似てる」と思い出す曲はありませんでした。大丈夫のようなので作り始めました。

【アカペラのボイシングで悩む】
 この曲は、最初サビのメロディが出てくるちょっと変則的な構成です。この曲のサビのメロディは気にいっているので敢えてこういう構成にしました。さらによせばいいのにここも続けてアカペラ・パートにしてしまいました。結構ピアノで用意周到にボイシングを考えて臨んだのですが、「心にワン・ショット」とは違いイマイチいけてません。毎回OKとはいかないようです。何回もボイシングを作り直して入れなおし気に入るまでそれを続けるしかありません。ちょっとボイシングが懲りすぎているのかもしれません。何故かっていうと2,3声が歌ってみてわかったのですがめちゃくちゃ変な旋律で歌いにくいのです。テンションを使いすぎているかも。まあ、気長に納得いくまで作り直そうと思います。

【変な転調を試す】
 この曲も「ささやきたい」と同じように転調する進行を試した曲です。最初のキーは、C(サビのメロディ)ですが、歌の歌い始めのキーはEに転調します。そしてまたサビの部分でCに転調します。必然的に、コーラスは歌い始めの時にメチャクチャ音が取りにくく歌いにくいです。ちょっと慣れてはきましたが、勉強だと思って頑張ることにします。1コーラスが終わると間奏に入りますが、ワン・コードでエレピ・ソロをフューチャした構成にしようと考えました。で、ここでちょっと新しい楽器を試すことにしました。

【クラビネットで新境地】
 「クラビネット」という楽器をご存知でしょうか。かつて、スティービー・ワンダーが「スーパースティション」という曲で使ったのを聴いたのがこの楽器との最初の出会いです。実は、最初聴いた印象は何かおもちゃみたいな音だなと思えてあまり好きになれませんでした。ちなみに、「スーパースティション」は僕の好きなジェフ・ベックもカバーしていて高校生の頃、ジェフ・ベックのバージョンでこの曲をやっていたこともあったんですよ。僕にとってはジェフ・ベックの「スーパースティション」に馴染みがあって他のアレンジにはどうしても違和感を感じてしまいます。スティービーの「スーパースティション」がオリジナルなのに変な話ですが...。

【リズムを刻む心地良さ】
 でも、聴いているうちにクラビネットの刻むリズムがいままでになかったシャープなリズム感覚をを作り出せると感じて慣れると逆にかっこいいと思えるようになってきました。たまに、クラビネットが刻むほかの曲を聴くことがありますが、やっぱりシャープでいい感じです。SMAPの曲で「ダイナマイト」って曲を知ってますか?この曲でクラビネットが凄くうまく使われています。身近にある実例です。聴く機会があったらクラビネットに注目ですよ。それで、こんな風にリズムを刻んだらかっこいいだろうなあと漠然と昔感じたことを思い出してこの曲に使ってみることにしました。結構難しそうだなと思っていましたが、作ってみると何のことはないとにかく刻めばかっこよくなる感じで意外とすんなり作れてしまいました。エレピのソロに入る前のクラビネットが入ってくるあたりを意識して聴いて頂けると嬉しい。

【エレピのソロ】
 エレピはワン・コードのソロなので簡単に作れるだろうとタカをくくっていましたが、ところがどっこい、これがえらく難しい。素人の悲しさでフレーズのストックが貧弱な僕の場合、10秒もソロを弾いていると今度どう弾こうか煮詰まってしまいます。困ったので色々参考になる曲を聴いてみました。で、聴いたのがハービー・ハンコックの「カメレオン」。確か、ワン・コードのハンコックのソロがあった覚えがあったので...。で、参考になったかというと、逆に自信をなくしてしまいました。ソロを聴き始めて思ったことが、「凄すぎる...」です。実に多彩なソロが繰り広げられハンコックの真似をしようと思ってもどこから真似すればいいか判らず呆然としてしまいました。実によく考えてあるという感じです。ハンコックは諦めるとしてもこのソロは今後の課題。いつ納得できるかわかりませんが、このワン・コード・ソロがうまく弾けるようになったら随分ピアノの腕前が上がりそうです。時間はかかると思いますが地道に頑張るしかないですね。



ライナーノーツ 恋をしようよ ライナーノーツ 恋をしようよ ライナーノーツ 恋をしようよ ライナーノーツ 恋をしようよ    御感想、御指摘等のご連絡は、ライナーノーツ 恋をしようよまでどうぞ