×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   

NetデビューしてMusicスターになろう〜


4.4)自分自身をプロモーションする〜日記をつけよう



 さて、今日のテーマは日記です。僕が説明したいのは手書きの日記ではなくインターネット上で書く日記です。このインターネット上の日記を使って自分のバンドをプロモーションすることを考えてみましょう。


4.4)自分自身をプロモーションする〜日記をつけよう
 a)日記を手に入れる方法
インターネット上で日記を持つ。そんなの準備しようと思ったら大変だと思った貴方、心配は要りません。手軽に無料で自分の日記サイトを持つことが出来ます。ほんとうですよ。ひところはレンタル日記サイトというのがありました。登録をすると自分が書き込める日記スペースがもらえて無料で利用することができましたデザインがある程度変更できるようになっていて文字の色を変えたり背景に表示する画像を変えたり自分らしさをアピールできる余地があって気に入ってました。僕もしっかり利用してましたよ。ところがインターネットの世界は日進月歩です。このレンタル日記サイトを進化させより便利なサイトが現れました。BLOGという形式を使った日記サイトがそれで(以下BLOGサイトと略す)、これを利用すると自分の日記を読んでくれた読者がコメントを書き込めたり他のBLOGで日記をつけている人が自分の記事とリンクするなんて芸当も出来るようになっています。
この便利な機能を使わない手はありません。日記を書くことが何でプロモーション(宣伝)に繋がるのか今一ピンとこない方もいるかもしれません。まあこれは日記に何を書くかにもよるわけです。貴方が今日昼飯に何を食べたか書いてもバンドの宣伝にはなりません。日記に新しい曲ができました、と書いたらどうでしょうか?これはりっぱな宣伝になります。日記も始めたばかりの時は誰も見てくれないでしょうが内容が面白く毎日のように書き込まれ内容が更新される日記であれば段々固定的に見てくれる読者も増えてくればしめたものです。ちなみに僕も書いてますよ、BLOG日記。1日みてくれる人は30〜200の読者の閲覧があります。人気のある日記の場合なんと数千アクセスに上る閲覧のある日記もこの世には存在します。まあそこまでいくにはそれなりの理由があるわけで誰でもそうなるわけではありませんが頑張ってみようという気になりますよね?

僕のレンタル日記 僕のBLOG日記

レンタル日記の登録ページ例 BLOG登録ページ例
 b)より多くの読者を得るには
日記も書けばいいというものではなく次にまた読んでみようかなと思ってもらわなければ折角誰かが読んでくれても意味がありません。自ずと内容は魅力的なものにしたいですよね。そこで読んでもらうためのガイドラインを作ってみました。貴方の日記が充実した内容になる一助となれば嬉しいです。

【日記ガイドライン】
  1. ひとりよがりな内容でないか
  2. 誤字、脱字はないか
  3. 読者が興味の涌く書き方を心掛ける
  4. できるだけ毎日書く
1,2項は基本的なことを書いていますがこれは言うは易し行なうは難しなのです。実際にやってみるとまあ内容が稚拙だったり誤字、脱字が毎日のように散見して自己嫌悪に陥ることしきりです。他ならぬ僕自身が気をつけていても実行できないことなので敢えて挙げました。こういう基本的なことは毎日の積み重ねで段々身についてくるものなのかなという気がします。気長に改善していこうと思っています。3項はわかりにくいので説明します。例えば一般の人があまり目に触れる機会の少ない事柄は十分日記に書く価値があります。バンドをやっているならライブに出た店のことやいつも練習する貸しスタジオのことなんかはそれだけで十分書く価値があります。貴方の日記を読むことで自分の知らない世界を疑似体験できるからです。だから興味が涌くわけです。
先ほど書いた今日の昼飯は○○を食べたでは宣伝にならないと書きましたがこれも書き方1つで書く価値のある内容になります。今日昼飯は○○を食べたがバックでかかっていた音楽が....と発展させてその曲で自分が感じた感想を書けばこれは日記に書く価値のある内容です。読者が貴方の感性に少し触れることが出来るからです。このように読者が貴方の日記の内容を読んだ後「疑似体験する」、「貴方の感性に触れた」等が感じられる内容なら何を書いてもいいと思います。先ほどバンドの宣伝をするためにと書きましたが日記の場合はあなた自身を宣伝するつもりで書いたほうが自然かもしれませんね。
 ところで日記を書く場合に同じ内容を1週間まとめて書く場合と小出しにして毎日書く場合とどちらが沢山読んでもらえるでしょうか?確証があるわけではありませんが毎日書いたほうが読んでもらえる確率は高いのではないでしょうか。できるだけコマ目に毎日書くことをお勧めします。
 c)より多くの読者を獲得する方法
さて日記を書いてみようとやる気になった貴方。ふと、こんな疑問を抱きませんでしたか?「書くのはいいけど、本当に日記を読んでくれるのかなあ?」。保障はありませんね、確かに。それは掲示板のページで説明したと同じように貴方が日記をつけ始めたことをインターネット上の読者が知る機会が少ないからです。であればこちらから知ってもらえるように宣伝すればいいじゃないですか。掲示板を使って大いに宣伝して見に来てもらいましょう。
 もう1つ、有効な宣伝の方法があります。インターネット上には実に様々なサイトがあります。日記をつけている人のための支援サイトというのがあるんですよ。この手のサイトに登録すると新着情報として数週間掲載されたりして日記に興味のあるユーザの目に触れることがちょっと期待できます。さらにこの手のサイトでは日記更新情報を投稿することができるので日記を書いたらその後日記更新情報を投稿するようにすれば日記の内容が更新されたことを知らせることが出来るので読者の目に触れる機会は確実に増えます。僕が知っている日記支援サイトは以下の3箇所です。じゃんじゃん利用してみてください。当然無料です。

【日記支援サイト一覧】
  1. 日記才人
  2. ReadMe!
  3. 日記圏

         御感想、御指摘等のご連絡は、までどうぞ